タラナキ
最も美しい形と称されるタラナキ山(英語名:マウント・エグモント)の北側中腹を歩くコース。トンガリロ・クロッシングと同様の歩き応えがあり、よく似ていると言われるほどです。苔むした森、亜高山植物、溶岩の流れた跡、タソックや山上湖の湿原など変化に富んだ17kmを約8時間かけて歩きます。約500mの標高差を登り下り、余裕があれば美しいベル滝も訪れます。